【ポスティング】その1。30代前半・内向型による仕事事情

※この記事は約14分で読めます、覚悟して下さい。(500文字で1分とした場合)

正社員だった製造業を退職して、無職になり半年以上すぎた頃、

『国への税金と、生活費によって殺される!』と確信した私は

重い腰をようやく上げ、仕事を探し始めた。(おせぇよ)

しかし、

正社員という【会社に忠を尽くす】働き方に、改めて踏み出す勇気は起きず、

とりあえず出来そうなアルバイトから始めようと思い、応募したのが

ポスティングの短期アルバイトだった。

面接には無事合格し、翌日には働き始めたが

仕事の大変さが半年以上のブランクを経て、

今、呼び覚まされる。(茶番おつ)

※32歳の情けない男性(独身)が主観で判断した内容を多く含み、甘え発言などもありますが、このブログでは自分に嘘偽りなく発信することをモットーとしています。

ポスティングが気になっている方へ、この記事が参考になれば幸いです。

※このアルバイトは

田舎(県庁所在地ではありますが……)での仕事内容なので、都会とは違う部分があると思います。ご注意を。

ポスティングとは

【チラシ配り】のことです

ただ、

街中で人にチラシを配るのではなく、一軒家やアパートのポストへチラシを入れる仕事。

オシャレに言って?【ポスティング】

読者の方は【ポスティング】の仕事に対してどのような印象をお持ちでしょうか。

誰にでも出来る仕事、情けない仕事、ポストにゴミを入れられて迷惑…………など、

あまり印象の良くない仕事だと思いますし

自分自身、【ポストにチラシを入れるだけの簡単なお仕事】と仕事内容を舐めていました。

ですが

実際に働いてみると、大変な仕事だと実感しています。

【ポスティング】という仕事について詳しく書いてみようと思います。

ポスティングを選んだ動機

そもそも何故この仕事を選んだのか。

自分の過去にやってきた仕事についてはこちらを見てもらえば分かりますが

自己紹介3 〜黒歴史、職歴編〜 ・フリーター生活(実家)5年くらい (バイト経験:スーパーマーケット、たこ焼き店、カラオケ店、漫画喫茶) 20歳くらいの時、たこ焼き店のバイトで行列が出来るほど忙しかった最中に めまいと吐き気に襲われ、それから人混みに行くことが出来なくなった。 (休日の家電量販店などでも体調不良に) たこ焼き店バイトを辞めた後、自分で探した心療内科で パニック障害であることが分かった。

少々問題のある人生を送って参りました!/(^o^)\

内向型についてはこちらをご覧下さい。

目次 1.はじめに 2.外向型とは 3.内向型とは 4.外向型と内向型は繋がっている 5.自己診断テストがある 6.外向型と内向型の割合 7.内向型人間は誤解されやすい 8.内向型は生まれつき?脳の仕業か 9.パートナーとの関係 10.内向型の男性と外向型の女性の場合【彼と一緒にいるとイライラするの】

自分の性格、気質を考えると

・束縛が少なく、自由時間が多い仕事が良い

・サービス業以外

となると仕事はかなり絞られ、

個人で出来る配達系の仕事も考えましたが[コスパが悪い]と感じ、

『とりあえず短期でポスティングやってみようかな〜』となったわけです。

アルバイトの詳細

・仕事名 【ポスティングスタッフ】

・給与  【時給1000円】

歩合制ではありません。交通費の支給なし。

・仕事内容【担当区域のポストへチラシの投函】

配るチラシは地域情報を発信するものや、企業のPRを含むもので、雇い主は健全な会社です。

・勤務時間【火曜〜金曜日の間で、6時〜18時の都合いい時間に】

今週中に配るチラシを週頭である火曜日に受け取り、金曜日までに配り切る働き方です。

・メールと出勤簿(紙)で勤務管理

チラシ配布前、配布後にメール。

配布時間は紙に記入という勤務管理です。

・GPS[位置情報発信機]と地図を持ちながらチラシを配る(会社支給)

GPSについて、社員さんの説明では「不正防止ではなく、配布先からクレームきた場合の対処として持参」と言われましたが、不正防止の役割もあると思います。(社員の優しさか…)

地図については「1軒配布したら、その都度チェックすること」と言われ、正直手間ですが配布先が重複しないようにするためには大事なことですね。

地図には

あらかじめ配布禁止場所と犬、建設中、空き家などのマークあり。(あまり当てにならない模様)

・チラシを運ぶカバンとボールペンは自前で用意。雨の日は 傘 推奨。

リュックサック or ショルダーバッグですが、自分はリュックサックで運んでいます。

地図用にバインダーも準備しました。

追記 2019/2/9

バインダーは必要ないかも

慣れてきたらバインダーない方が楽でした。

ポスティングは個人の働き方を尊重してもらえるので、

配るチラシの量・担当区域の場所は希望を伝えることで調節が可能です。

ただし、

※この記事では、

自分が車移動かつ【配るチラシの量、担当地区の希望など言っていない場合の感想を記事にしているのでご注意を。

なので、

週頭にもらったチラシを全て配り終えたら報告して、またチラシを受け取り、配布。

という働き方をしています。

仕事の辛いところ

半年以上引きこもり生活からの仕事だったので、辛いところが多めとなっていますがご了承下さい。

ポスティングは体力仕事だった……

アルバイトの募集要項に【体力に自信のある方】と書かれていましたが、体力に自信のない自分が働いたことで、見事に体力仕事だった……と実感しています。(なぜ応募したし!)

このバイトで一番辛いと感じる部分です/(^o^)\(膝から下が辛いんじゃぁ……)

担当地区によってチラシの部数が違い、自分の担当場所は週に4〜5ヶ所、

約250セットで済む場所もあれば、約700セット必要な地区まであります。

(チラシはあらかじめ配りやすいようまとめてあり、1セットは1つのポストに2〜5枚のチラシを投函することを意味しています)

「仕事に慣れたら1時間あたり80セットを配るペースで」と言われ、

自分は1度配ったことのある地区で一軒家が密集している場所であれば、1時間あたり100セットを配ることも可能でした。

基本的な流れは(自分の場合)

車で担当地区まで行く → 車に積んであるチラシをカバンに詰め込む → 配布開始。

チラシ自体の重さは、無理して運ぼうとしなければ苦ではありませんが、

仕事の効率を考えると

車との往復を減らしたいがため、一度に大量のチラシを運びがちです。

その結果、肩が悲鳴をあげます(><)

カバンについて

・ショルダーバッグは、常に片方の肩に負担がかかりますが、チラシを配りやすい。

・リュックサックは、移動中に両肩で負担を軽減できるが、チラシを配りにくい。

どちらも一長一短です。

担当地区によっては『広島の尾道かッ?!』ってくらいに坂だらけだったり、

広島の尾道に関しては[PS4、龍が如く6]で体験しました!! (ぉぃ))

今まで何気なく通り過ぎていた住宅地が、過酷な労働環境へと姿を変えました……。

一軒家と一軒家の間が離れている地区だと、そのぶん歩数が増えるのも大変です。

仕事中はまるで【登山でもしているんじゃないか?!】ってくらい辛いですね(汗)

どんなに足が痛くなっても(時給だから余計に)走り・歩き続ける必要があり、体力のない自分には絶賛しんどい!です。

(歩数などの【数値】は別の記事で書きます)

仕事効率が天気に左右される

この短期アルバイトは、天気に関係なくチラシ配りをしないといけない決まりがあったため、今の季節のポスティング(夏・冬)は大変です。(それゆえに時給が高いかと…)

・雨が降れば、チラシが濡れないよう気をつけながら各ポストへ投函。持ち歩いている地図はどうしてもビショ濡れになり、地図へのチェック時、ボールペンのインクが出なくなることもあります。

・雪が積もれば、徒歩・自転車・バイク・車での移動が大変。

・風が強ければ、チラシがふにゃふにゃしてポストに入れずらい。

・曇りは、雨が降ったり止んだりの繰り返しで……。

晴れの日以外は仕事効率がどうしても落ちますし

猛暑日は熱中症に気をつける必要があります。

罪悪感・住民との挨拶

人によっては辛いところ……だと思いますが

この【ポスティング】という仕事柄、

住民の許可なしに、一方的に役に立つかどうかもわからないチラシをポストに入れる仕事なので、住民の視線が怖いです。(個人差あり)

雇い主には「住人とすれ違ったら会釈する程度でいいよ」と言われていますが

ポストが他人の敷地内の奥にある場合(田舎によくある金持ちの家)は、不法侵入感も相まって少し罪悪感も感じてしまいます。

そんな状況で400軒も周っていれば住人と出くわしてしまうことも少なくないので、少しでも印象良く振る舞うためには、

積極的な挨拶身だしなみの清潔感が重要だと感じました。

自分はあまり挨拶を得意としないのですが

悪い印象を与えてしまうと、雇い主側にも影響を与えかねませんし、

相手の不信感を払うには“ まず挨拶 ”だと思うので、髪を短髪にして積極的な挨拶を心がけています。

(自分自身、意外と挨拶が出来ている気がして、ビックリしています。)

住民の中にはチラシを嫌とせず、立派な仕事だと思われる方もいて「ご苦労様。お疲れ様。」と言われることもあり、温かく感じることもありました。

痔の悪化(個人差あり)

( ̄□ ̄;) !!!

ふっ、言葉などいらぬだろう。

地味に困るところ

◆ 事故などのトラブル発生した場合、会社による保証はない。

アルバイトなので……契約社員でそういった保証があるのかは謎です。

◆ 担当地区まで車で行くのはいいが無断駐車をする必要がある。

もし無断駐車で【駐車禁止違反】の被害にあっても、会社の保証はなし。アルバイトなので……。

幸い自分の勤務地は“ 田舎 ”なので、よっぽど変な止め方をしない限り問題はありません。

◆ 交通費なし

地味に辛い!(走行距離などの【数値】は別の記事へ書きます)

◆ トイレに困る

「コンビニで済ませればいい」など解決策はいくらでもありますが

【仕事中のトイレはどこかで借りる必要がある】ということ。

◆ 表札の有・無に困る

チラシを投函する家には配布禁止場所もあるため、地図を見ながら配布しますが、表札が有るか無いかで仕事のやりやすさは変わります。

表札が無ければ、周りの家の名前と地図を照らし合わせて判断します。

◆ ポストの種類、場所

こんなにも色んなポストが世に出回っていて、ポストの場所もバラバラなのか……と、郵便局員の大変さの一部を実感しました。

簡単に言えば【慣れの問題】ですが、初めてチラシを配る地区は、まずポスト探しに手間取ります。

・今まで出会ったポスト達(種類と場所)

横入れ・縦入れ・上蓋あり・門にポスト・勝手口にポスト・玄関に直入れ・玄関側面の壁にポスト・年賀状サイズのポスト・見た目がポストとは思えない鋳物でできたポスト・ポストが無い・ポストが2つから3つ………3つ?…………ピャーーーッ!!

統一してくれぇ…( ;´Д`)

あと、ポスト作る人はポスティングのバイトをやってから作って下さい

おしゃれだけど機能性の悪いポストでは本末転倒です!

個人的に一番入れやすいポストは、

上蓋がついてて、上から「ストンっ!」と入れるタイプ。

……慣れですね、はい、愚痴ってすみません。

・ポストに入れたチラシが散乱

ポストにチラシを入れた後、ポストの“ 仕組み ”によっては後味が悪いことがよくあります。

それは、投函したチラシが室内で散乱すること……。

箱型、入れ物型のポストには関係ないのですが、玄関扉についてるポストや壁についてるポストに入れた際

「スッ……パサァ……」と

『(今、絶対家の中でチラシが散乱しただろぉぉぉおおお!!汗)』

と思わせる効果音が鳴り、罪悪感に襲われます。

明らかに散乱しそうなポストには、チラシを入り口で留める努力はしていますが、外見からじゃ判断出来ないポストで散乱した場合は、『(申し訳ない……)』と心の中で一言。

そういったお宅には、箱を用意するなり、布で滑り止めさせるなど、何かしらの対策をして頂きたいぃぃと思います。

◆ ポストと同様に家の場所も……

地図を見ながら配布しているものの、

路地を入った先に家があったり、回り道をする必要があるなど、初見は家探しにも苦労します。これも慣れです。

◆ ささくれが酷い

冷たい風に当てられて指のささくれが酷いでs…

…………いや、親不孝者だからか。。

◆ 犬に100%吠えられる

犬は鳴くのが仕事かもしれないが、吠えられるのは気持ちがいいものじゃないです……

犬の周辺でウロウロし過ぎると住民が顔を出すことも。。

犬苦手な人は要注意ですね。自分も苦手。

仕事の良いところ

自由度が高い(勤務時間、服装、食事)

マイペースな方には良い仕事だと思います。

・仕事配分を自分で決められる

・6時〜18時であれば、好きな時間に働いて好きな時間に終われる

・服装も自由

・食事もどこで済ませてもOK!

・会社の人間関係で困ることもない。

・毎週3連休!!

週のノルマが人それぞれあれど、働いてる上で【束縛がない】というのは大きな魅力ですね。

もれなく健康になってしまう、どうしよう…

思えばポスティングには、人を健康にさせる要素が詰まった仕事です。

いやでも有酸素運動!

徒歩や自転車でチラシを配るのが基本となり、配布もそこそこ時間がかかるため、自然と有酸素運動が出来ています。

結果、健康的なダイエットにもなります。

有酸素運動とは、

酸素を使って脂肪を燃焼させるので体脂肪の減少はもちろんのこと、血中の悪玉コレステロールを減らし高血圧の改善にも効果があります。

さらに、

心肺機能が鍛えられるので、体力が上がり、結果疲れにくくなる。

血液のめぐりが良くなるため、女性の方に多い冷え性の改善にも期待できます。

困った…鬱病に効果的だ!

鬱に対して読者の方はどのようなイメージをお持ちでしょうか。

甘え・怠け・仮病など……だらしないイメージのある病気かと思いますが

精神的要素から鬱になる場合もあれば、脳内の神経伝達物質が減ることによって発病する場合もあるらしく、一説にはセロトニン(神経伝達物質の1種)の不足が要因とも言われているようです。

セロトニンとは

15分以上の日光浴をすることでセロトニンは分泌され、ストレス軽減や心のバランスを整える効果があるようです。

話は戻り、

セロトニンならお任せ下さい!

ポスティングは、いやでも日光浴しますから、いやでも鬱に効果的!というわけです。

しくじった…体力がついてしまう!

上記で説明した通り、有酸素運動をしているので心肺機能が鍛えられ、持久力・体力がつきます。

この記事を作ってる最中に、とある記事を見つけました。

そこに書かれていたのは

「体力」と「成果」は比例する

引用元:事実!仕事人生は「体力」で差がついていく|東洋経済ONLINE

ということ。

個人的に【仕事の成果】というのは

やる気・集中力・根性・気力だとか、そんな言葉が必要な問題だと思っていたんですが、

『実は、必要なのは“ 体力 ”だったの?』

と感じた次第です。

【仕事の成果】を左右するほどのそんな“ 体力 ”を、お金を稼ぎながら増やすことが出来る……下半身に限ってはジムいらず!な仕事です。

世の中の引きこもりには、以下の法則が通用するかもしれません。

引きこもり = 根性なし = 体力がない。

ですが

裏を返し、体力をつければ……

体力がある = 根性がある = リア充!!

我ながら素晴らしい閃き!

誰か私にノーベル賞、それか国民栄誉賞を下さい。

やり方次第で高時給が狙える

今回、自分が挑戦しているポスティングの時給は【1000円】

どうせ配るなら、同じポスティングの仕事を掛け持ちすることで一石二鳥な働き方が可能です。

実際、

求人サイトを見てみるとピザ屋さんやハウスクリーニング業のポスティングが時給【850円〜】あり、相談によって配布地区を合わせることが出来れば

時給【1850円〜】も可能です!

ただし、

配るチラシが多くなればその分、カバンが重くなりますし、チラシを予め配りやすいよう“ まとめる ”作業が増え、時給の発生しない時間が増えることには注意しなければいけません。

掛け持ちについては自分も考えましたが、現状疲労感が半端ないので(汗)掛け持ちは保留としています。(でも掛け持ちした方が、絶対効率的だと思う)

余談ですが

自分家のポストにはポスティングを掛け持ちしている方がチラシ配布しているようです。

(雇い主が同じ + ピザの広告あり)

便秘が治った(個人差あり)

と等価交換しました。

(^ω^)

地味に嬉しいところ

・ポストに感謝の言葉

「ありがとうございます。」

「お疲れ様です。」

「郵便物は奥までお願いします、お疲れ様です。」

などが

ポストに書かれていると、温かいです。

(なお、当の本人はポストに何も書いていない様子……)

・休憩時間に好きな物が食べられる

大好きなたこ焼きを食べることも可能です!

ただし、コスパが悪いため無難に弁当やパンを買う模様……

・地図埋めの達成感

チラシを配布した場所は赤ペンでチェックしていくので、チラシを全て配った後は

『こんなにまわったんだなぁー……』と、ちょっとした達成感……と甚大な疲労感があります。

・晴れの日の散歩は気持ちがいい(仕事中ですが (汗))

特に、木の生い茂った田舎道を歩いていると

人気のない静かな場所、眩しい太陽、風で揺れる木の音により仕事中の疲れが癒されます。

・猫に会える

いや〜、犬と違って猫はイイですね! 静か! 存在が可愛い! 愛しい!

ただし、ほとんどの猫は一定の距離を保ち、常に警戒している模様………悲しみ。。

まとめ

主観ではありますが、

ポスティングの辛いところ、良いところを主に書いた記事となりました。

自分の場合、生活がかかっているので記事のような働き方になっていますが、

スキマ時間に運動も兼ねてポスティングをするのであれば良い仕事だと思います。

【自分の感想】【正確な時給の計算】【割りに合うのかどうか】

といったところも、この記事に書いていたのですが、

記事が長くなり過ぎたので、一旦ここで区切ることにしました。

ポスティングに関して上記の3つも気になるようであれば、

次回の記事も参照して頂ければありがたく思います。

追記:記事できました。こちらもよろしくお願いします。

目次 1.バイトの感想 2.チラシ配りに対する姿勢 3.惨め、世間の目は強大だ…… 4.割りに合わないかもしれない?ところ 5.① の【配布中の時間しか時給が発生しない】 6.② の【交通費の支給が無い】 7.③ の【歩数】 8.④ 時給制 9.効率的に仕事をするために 10.ポスティングの未来につ...

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

m(_ _)m

ご意見ご質問などあれば、お気軽にコメント、問い合わせなどでお知らせください。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019