おれたちは【言い訳】が上手くなり過ぎた

※この記事は約8分で読めます、覚悟して下さい。(500文字で1分とした場合)

こんにちわ。

『おれたちは、言い訳が上手くなりすぎた……』

こんな記事を書くきっかけになったのは

チビガリこじらせ系男子 の自分が

【内装工】というガッツリ肉体労働の仕事に就き、

言い訳など通じない、【やるか、やらないか】の世界に足を踏み入れてしまったが故に、です。

何かしらの

身体的、精神的に困っている方にとっては厳しい、批判的な記事になるかと思いますが、

それぞれが抱えている問題を受け入れて前に進めるような記事になれば幸いです。

やるか、やらないか

やらないか? アーッ♂」

肉体労働の世界では言い訳が通じず、【やるか、やらないか】の世界という事を2019.5月現在、痛感しています。

現場仕事では内心、

「(無理だろ!こんなの!)」

「(体が痛い、もう動かない!)」

「(酸欠で頭が痛い!……無理だ!……)」

と思うことが山ほどあり、心が折れることが多々ありました。。

その度に自分は

「(内向型の自分には無理だ!)」

「(運動嫌いな自分には向いてない!)」

「(身長が低く、左腕が弱い自分は不利だって!)」

と、頭の中では何度も退職に結びつける言葉が浮かんでいました。

ですが、仕事は待ってはくれないんです(汗

どんなに辛くても、どんなに言い訳を並べても

目の前にある重労働を やるか or やらないか の2択しか無く、いい歳した男が仕事に対して怖気付いて逃げるわけにもいかず……やるしかないんです!

その【やるしかない】状況に置かれたことで、

『(今までの自分の行いはなんだったのか……)』

という思いを、強く強く強く感じました。

自分を“ 知ろう ”と努力してたが……

以前、

自分を“ 知って ”自分に合った働き方を探すために本を読みました。

それによって得た「アドラー心理学」や「外向型と内向型の違い」などは自分の内面に変化をもたらしました。

【本当の自分】を知ったところで、自分に合った働き方が見つかれば良かったんですが、その意味では転職に失敗、力仕事である肉体労働をすることになってしまいました……

結果、

自分の気質、性格など関係なしに働くことになってしまい、

自分が今まで訴えてきたこと(IBS、パニック障害、内向型)が無駄になったような気がしました。

【内装工】がどんな仕事なのか把握せずに就職した自分の自業自得なわけですが、

自分に合った働き方が見つかる人は少ない、と考えると自ずとぶつかる問題だったのかとも思えます。

出来ない理由を作るのが上手くなっていた

このブログでも

IBSが〜

パニック障害が〜

内向型のため〜

など、自分の気質・性質を考慮してきたわけですが、そのほとんどがインターネットから知識を得ています

ネットで自分の症状を検索して、病気は何か?症状は何か?と照らし合わせ、それに関する本があれば他人の評価を見て手に取る……ような時代ですよね。

ネットの普及により、暮らしが便利になっていることは間違いありませんが、なんでも調べられるが故に、自分に起こっていることに対しての理由・共感を得ること、自分を正当化することが容易くなっています。

今と比べ、昔はインターネットが無かった事を考えると、自分の周囲にいる人間の意見が【正義】であり、仮に精神的病を患っていた・もしくは内向型だった、としても、周囲の人間の意見が正しいと感じ、根性で乗り切っていた人が大勢いたのでは…と思います。

なので、自分のような【ネットで原因を探して理由付けをする方々】は昔の人に比べて

精神力が弱い、根性なし、甘い、ゆとり ”と言われても仕方がないのだと感じました。

昔の方の意見は、ご最もだと。

全て【言い訳】で片付けられる

ここから少し酷な事を書きます。

読者の方は心穏やかに、ご理解ご協力をお願い致します。

記事の前半でも書いたように、この世界はシンプルで、全ての物事は【やるか・やらないか】で片付けることが可能です。

・依存症にもなる

酒、タバコ、ギャンブル、麻薬

・心身症である

IBS、パニック障害など

・個人の気質や性質である

性格、血液型、外向型、内向型など

・精神疾患である

うつ病など

・発達障害である

ADHD、ディスレクシア、マルファン症候群など

これら全てが、本人の気持ちを無視して【言い訳】として片付けることが可能です。

(実際に苦労されてる方には申し訳ありませんが…事実です。)

結局のところ、これからどうするのか?

【止めるか・止めないか、行動するか・しないか、やるか・やらないか】です。

どれだけ知識を得て、賢くなり、自分を正当化しようにも、世の中で働いてゆく力がなければ意味がありません……

苦痛は本人にしか分からず、どんなに辛い状況であろうと一般常識の前では無力です。

では、どうすればいいのか

苦労していることが【言い訳】で片付けられて、簡単に済む話じゃないことも理解しています。

では、どうすればいいのか……

※個人の意見として参考になれば…して下さい。

依存症について

止めたいと思っているなら、止めてください。以上。

当の本人が好きで依存しているのであれば何も問題はありませんが、依存によって他人に迷惑をかけているのであれば、本人の意思で止めるしかない。止めれないのは自覚が足りない。迷惑かけているにも関わらず、止めれないのは完全に甘え。自分を正当化するな。

マンガで分かる心療内科でも読んで、治す努力をして治せ。

(自分のブログだから好き勝手言わせてもらうぜ☆ すんません。)

心身症について

人生の経験値が足りないんじゃないかって。

心身症によって、自信という名の積み上げてきた石が崩れてしまったら、しっかり休みをとって、今度はコンクリートとレンガでゆっくり頑丈にマイペースに自信を積み上げよう!無理はするんじゃない。(←上手いこと言おうとしてるつもり汗、言いたいことは伝わってくれ。)

敏感な人は歳とって鈍感になるくらいが丁度いいのかも。

あんたのペースで。自己嫌悪するんじゃねぇ、むしろ些細なことで自分を褒めて、揺るぎない自信をつけよう。読書をオススメします。

個人の気質や性質について

人間は十人十色。自分を認め、相手を認めよう。

人生おかしなもので、自分の苦手とする相手から逃げると、似たような別の人物がまた立ち塞がるように出来てる。(誰が仕組んでんだか……)

自分の気質や性質を理解した上で、自分に合う働き方が見つかれば最高だが、自分のように【一度人生のレールを外れてしまった人間には例外を除き、働き方を選べる選択肢はかなり少ない】ように思う。

であれば、自分が他人より敏感であろうと繊細であろうと、職場に適応するしかない。

適応するためにも知識を得ることは大事だと思う。読書をおs……

精神疾患、発達障害について

自分はうつ病になったことがない。自覚なくうつ病だった時期があったかもしれないし、無かったかもしれない。

なので、そういった方々がどんな気持ちなのかは分からないが、

精神疾患や、発達障害の方には周りの人によるサポートが必要不可欠と思うし、患っている本人が直接周りに説明し、協力を仰ぐ必要があると思う。

中には、協力・理解を求めても受け入れない人や、「甘えだ」と言って突き放す人もいるだろう。そんな人達は放っておいて、協力者で周りを固めよう。出来ないことは出来ないんだから。

【出来ないから・周りから否定されるから】といって、自分を責めるのは間違ってる。

大人になって他人から褒められることなんて滅多にないんだから、せめて自分だけは自分を褒めてあげないと可哀想だ。

仮に周囲から協力が得られたとしても人間は楽をする生き物だから、その環境に慣れてしまうと、自分に甘くもなってくるだろう。それは協力者に対しての不義となるため、常に感謝の気持ちを忘れてはいけない。

体の不自由な方は、まず体力をつけよう。

体力と気力は比例する、気力を高めれば物事に対するやる気も変わってくるから、不自由だからこそ、それに負けない気持ちをつくってほしい。

まとめ

こういった【言い訳】として片付けられる問題は

甘えと紙一重のように思える。

当の本人が苦しいことは紛れもない事実だし、嘘をついているわけじゃない。

でも、無意識下では楽をしたい気持ち・甘えたい気持ちも、ほんの少しはあると思う。

そのバランスの取り方っていうのは、本人も周囲も非常に難しい問題だと感じます。お互いが支え合わないと。

まとめ(真)

偉そうに語って、すまんかった!この通り٩( ᐛ )و (反省してないよね?)

この生きにくい世の中で、自分にどんな理由があろうと、働いていく力をつけにゃならん。

生きるのに大事なのは

【可哀想な私…】ではなく

【悪いのはアイツ…】でもなく

【これからどうするか…】

そして、やるか・やらないかだ。/(^o^)\

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

m(_ _)m

ご意見ご質問などあれば、お気軽にコメント、問い合わせなどでお知らせください。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019