【内装工(軽天・ボード)】[退職]30代HSP内向型、表事情

ひろしま・ステーションヌ

※この記事は約15分で読めます、覚悟して下さい。(500文字で1分とした場合)

【内装工(軽天・ボード張り)】に就職してから1年後……私は、退職した。

なぜ、退職したのか……

内装工に対して個人的考察を記事にしてみた。

向き不向きの適性テストも作ったので、この仕事が気になる方は是非やってみて欲しい。

※注意書き

題名にある通り、管理人のまーさんは

【30代(前半)】

【HSP内向型(自称、繊細で内気な人間)】

であることは頭の隅っこに留めておいてほしい。

【表事情】があれば【裏】もあるはず。いつか。

はじめに

向き・不向きという言葉

読者の方は、存在すると思いますか?

「向き不向きなんて、逃げるための・自分を正当化するための言い訳、仕事においてそんなの関係ない。」(前者

という方もいれば

「運動が、得意な人もいれば苦手な人もいる。向き不向きはあるよ。」(後者

という方もいると思います。

前者の方は

【内装工(軽天・ボード張り)】に向いていると思います。

なので、

退職した人間が書くこんな記事は見ない方がいいです。

逆に、

後者の方は、この記事を参考にしていただければと思います。

そもそも【向き不向き】という言葉で物事を判断することは

「逃げ」とか「都合の良い言葉」だ!

と思う方も沢山いらっしゃると思います。

【向き不向き】を判断するタイミングが

就職して1週間とか3ヶ月以内であれば「逃げ」など言われても仕方ありませんが、

さすがに1年働いて、【不向き】だと思ってるのに働き続けるのは、精神的に悪く、職場にも迷惑で、仕事の効率も悪くなり最悪です。

自己都合で迷惑かけるなら退職しましょう。

内装工、適性テスト

作ってみました!

書かれている問いに、Yes!No!かでお答え下さい。

問1、昔から運動は得意だ。

問2、運動神経は良い方だと思う。

問3、力仕事や運動をすると気分がスッキリする。

問4、もちろんアウトドア派だ!

問5、取り扱い説明書などは、一切読まない。

問6、習うより、慣れろ!だ。

問7、「飯食いに行くかっ!」と言われたら、もちろん「はいっ!」

問8、他愛もない会話が楽しい。理屈っぽい話はめんどくさい。

問9、辛いことは気持ちの問題で、なんとでもなる。

問10、丁寧な言葉遣いは苦手だ。

問11、貰える金が高けりゃ頑張れる。

問12、自分は体育会系だ。

問13、そもそもこの問いがめんどくせぇ!!

いかがでしたか?

13項目のうち、Yes!が少しでもあれば、ぜひ内装工やってみましょう!(適職間違いなし!

(10〜20年後くらいに内装工はブルーオーシャンになっててもおかしくないですから、今のうちに下積みを!!

余談

問9の「辛いことは気持ちの問題で、なんとでもなる。」に関して。

自分は最初【反対派】だったんですが

(「自分は他人より繊細で、痛みや辛さにも敏感なんだ!」と。)

しかし、働いてるうちに

「力仕事で辛いのはみんな一緒だ…自分だけが特別じゃない」と思えるようになりました。

(従業員と会話していくうちに「繊細さや鈍感さは人それぞれだけど、辛さや痛みは共通かも……」と。)

それだけ「自分は特別だ」と、自己陶酔の世界で生きてきたんだと思い知らされました💦

人間は基本【怠け者】だし、【自分が一番しんどい!】と思いがちなので、

この職場のような甘えが許されない、本気で挑まなければいけない環境というのは、ものすごく貴重な人生経験になりました。(その分、辛かった……)

本人の個性はすごく大切なことですが、あまりにもそこに頼ると、周りが見えなくなることには要注意です。

本来どこの会社でもお金を稼ぐ以上は、

【甘えが許されない、本気で挑まなければいけない環境】じゃないといけない!……とは思っていますが、今の世の中が【社会の厳しさ(パワハラなど)】に反発した結果、時代の常識が昔とズレてしまっているのは確かですよね。暴力はいけませんし、自分も今の世の中に助けられています。

真面目な人もいれば、不真面目もいて、

鈍感な人がいれば、敏感な人もいる。

職場の環境がぬるいから手を抜くのではなく、

職場の環境に左右されずに、会社の利益・お客さんの満足度は考慮しなければいけないと思います。お金を貰ってるわけですから。

……

でもでもそれでも、人間は怠け者。

そこを区別させるのが【成果主義】でしょうか。

余談でした。すみません。

良いところ・困ったところ

自称、繊細(HSP)である自分が感じた、

内装工の良いところ・困ったところを書く。

 良いところ

・力がつく

仕事でついた筋肉は、引き締まっていて実に美しいです。経験に基づいた筋肉。

ジムで鍛えられた、見た目が大きいだけの筋肉とは持久力が違いますよね!!(偏見)

硬い素材へのビス(ネジ)打ち等、筋肉足りなくて出来なかったことが後々、出来る喜び!!

鍛えられた筋肉は災害時などにも強いです!!

実に男らしい!!パワーーー!!!

程良い筋肉は女性からも好印象です!!

・覚悟、度胸がつく

未経験で内装工の仕事内容を知ったとき、軽く絶望を覚えました。

「(え?……こんなこと……するの?…………)」と。

クレーン付き大型トラックで運ばれてきた大量の石膏ボードや軽量鉄骨材を、手運びで運搬することは、いつまで経っても不安感が付き纏いました。

画像一覧のリンク(トラック 石膏ボード)

上手く運べるか?体が持つか?足手まといにならないか?など……まぁ慣れはしますが、、重過ぎて運ぶことで一杯一杯な最中、障害物(新品のドアやサッシなど)に気を配る余裕なんて無いのに、気をつけながら運ばなきゃならない……心に余裕が無いのに余裕を作らなきゃならない環境……間違いなく精神鍛えられます……(この行いは育児など様々なことにも共通してますね。)

いくら嫌でも、逃げることは出来なかったので、「(無理難題だ……)」と思うような日々を繰り返すうちに、覚悟と度胸は確実につきました

トラックの運転も同じで、

乗ったことないトラック・苦手なMT車も、繰り返すうちに……といった具合です。

このトラックで広島市内を走り回るのは非常に怖かった💦 いい経験になりました。

人間はある程度やれば慣れる!

引きこもり気質な自分は、失敗が怖かった……

・DIYに強くなれる!

内装工の仕事を1年も続ければ、

軽量鉄骨と石膏ボードで、天井や壁が【※ある程度】作れるようになります。

(※勤務1年で、細かい決まりごとまでは理解できませんでした。拙者、ポンコツ故に。)

仕事柄、工具の使い方にも慣れるので、自宅を改造したいと思いホームセンターに足を運べば「おれは何でも作れるぞっ!!」と思えるほど、内装作業(DIY)に強くなれます!

DIYユーチューバーも夢じゃない!

・ストレスが溜まりにくい

おもいっきり体を動かす分、ストレスが溜まりにくい仕事です。人間関係さえ悪くなければ。

体を動かすことは、考え事もしにくいですし、精神的健康にも良いです。人間関係さえ悪くなければ。

仕事を覚えて独立できれば、現場で何しようが自由ですからね!(いや、やることやるんですけど。)音楽やラジオをかけながら、納期に間に合うよう自分の決めた手順で、内装を完成させる。物作りの楽しさがあるのは間違いありません!

・わかりやすい世界

やるか、やらないか

ただそれだけの世界です。

事務職にありそうな陰湿なことは全くなく!

多少、口が悪くてもなんの問題もありません!!

やることやってれば認められます。そんな世界。

・時間があっという間に過ぎる

内装工の方は口を揃えて言われるでしょう

「もうこんな時間かっ!!」

1日が本当にあっという間です。みんな言います。自分も思います。

自分は今まで色んな仕事してきましたけど、この内装工で過ごす時間はダントツに速く、それでいて思いの外、作業が進まない……(拙者、未熟だった故。)

常に体を動かしていて、気づけば休憩・気づけば昼飯・気づけば休憩・気づけば終業。4回の気づきで1日が終わってしまいます。

時間の流れが速く感じるというのは、それだけ仕事に夢中だった・一心不乱だった・作業自体は苦では無かったのかもしれません。(いや、辛かったけどなぁ……)

正直いうと、仕事は辛かったけど辛くなかった。(?)…………です。

やることに追われて、時間を置き去りにする感覚……あなたには分かりますか?

(何言ってんだコイツ。)

・仕事を覚えさえすれば、どこでも通用する!

内装工、一番の強みはここでしょうか。(内装工に限らず、現場仕事に共通しています)

基本的な仕事内容・やり方は、国内外(アメリカ)に問わず共通しているので、覚えさえすれば仕事に困らないといえます。建物が完成すれば自分への自信につながりますし、やりがいは非常に大きいです。(街の中に、自分が関わった建物が増えていきますからね!)

地元で仕事が無い時期などは、出張して県外で働くこともあります。

出張好きな方にとっては大きな利点ではないでしょうか。

(昔は出張先で、1部屋に2〜4人で泊まるのが当たり前だったようですが、今では1人1部屋と、職人さんへの配慮も考えられています。)

自分は基本引きこもりで、「県外なんて絶対嫌っ!」派ですが、いざ県外に着いてみると、こんな自分でも見慣れない景色にどこかワクワクしていて、旅行に行く楽しさを味わったのでした。(帰り際は妙に寂しかったです)

・給料は……

日給制で

働き始めが8,500円スタートでした。

求人票には、その後の働き次第で日給1万5000円へと……

日給1万5000円て、その現場を仕切る職長レベルだと予想しますが……

安いですか高いですか

都会に比べたら安いと思いますが、地元の現役の職人さんからは” 高い給料 ”だそうです。

(昔は、インパクトドライバーなどの便利な工具も無く、今に比べて効率が悪かったと思うと、贅沢な……いや、便利な世の中になったなぁと。お陰様で現場の苦労も減ってますし。)

学歴関係なく職に就けると思うと、決して安くはない給料だと思います。が、

大袈裟かも知れませんが、命に関わるような危険な現場も経験しました。

それを加味すると……どうなんでしょうか。仕事が選べる立場になれればいいですが。

日給というのは従業員にとって利点欠点があり……

利点

仮に、仕事が早く終わっても日給の金額は変わらないので、従業員は得をします。が、

欠点

その日の仕事がどれだけ長引いても、日給は変化しないということ。

一応、残業代はでますが、それすらも日給なので、働いた時間を時給換算するとバイト並み……ということもしばしば。

この辺りは、社長の考え方に左右されます。

社長からしてみれば、日給で長時間働いてもらった方が、ですからねぇ……😎

(「仕事もろくに出来ねぇ若造が、一丁前に給料のことケチつけてんじゃねぇ!!」ってね。ごもっともです。)

困ったところ

前もって言っておきますが!

この【困ったところ】というのは、あくまで個人的意見であり、人によっては【良いところ】な可能性もある!ということは、ご了承下さい!!!!!

・身長が足りない!!

もうね……これ一番困りました。。。

低身長の職人さんもいらっしゃるので、これはもうただの言い訳なんですが、

届かないんですよねぇ〜、天井作るのにぃ〜、身長がぁ〜……

この仕事は、

2人1組で作業することが多いんですが、天井作る際、脚立と木板を使って足場を作ります。

(隙間に落ちる恐怖よ。)

かたや身長180㎝オーバーのベテラン、

かたや163㎝の自分、

その差は約20㎝、雑に脚立1段分の違い……

となると、

足場の高さも、かたや丁度いい高さ、かたや天井にギリギリ届くぁない!!な足場が完成し、身長足りない自分は、ものすごく情けなかったですねぇ。

バレリーナ並みに、両足爪先立ちでの天井ボード支え……それでも届かないから自分の片足を踏んで少しでも高く!!……とか意味わからないことをやっていました。

パートナーであった180㎝オーバーに「ふっw」っと嘲られたのは、今デモイイ思イ出デス。

一緒に作業する方が、同じような身長であれば問題ないのかな?と思います。

何するにしても不利なんですよね。効率が悪い。

180㎝が背伸びで届くところを、160㎝はわざわざ脚立持ってこないと届きません。ただでさえ忙しない仕事なのに、身長が原因で手間のかかることなんてしたく無いです。

施工場所が極端に狭い場所は低身長が役立つかも知れませんが、そんなの限定的です。

まさかこの歳になって身長に困るとは思っていませんでした。小中高生じゃあるまいし……(「俺より小さいやつ初めてみたー!!」なんて読者は言われたことありますか?そいつに次会ったらぶん殴ってy……)

仕事して筋肉は増えても、身長は伸びません。

厚底ブーツのように足の裏に筋肉がモリモリつけば話は別ですが。(キモい

加えて、

自分の左腕は腕相撲で骨折してから骨に金型プレート添え。ある方向に力が加わると、痛みが走ります。

そんな健全じゃない人は、この仕事、避けた方が無難です。

・The.体育会系

現場仕事には自分と逆のタイプの人間(外向型)がほとんどでした。

重い材料を運んでいる新人に、先輩職人からのちょっかい、

無茶振りと思える仕事内容、助けを求めれば「それくらい自分でしろや。」といった嫌な顔。

罵倒や見下し……「どう考えたら、そうなるや。」など

もちろん、職人さん皆が皆そうではなく、今の世の中ずいぶん優しくなってはきていますし、丁寧に対応して下さる職人さんもいらっしゃいましたが、それでも自分にとっては息苦しい世界でした💦(ストレス耐性がね……否定されて育った人にとってはダメージ大きいのよ。)

・気遣いが仇となる

この仕事では、気遣うことよりも、思い切りのよさが大事。

明らかに重い物を持ってる相手に対し「手伝いましょうか?」と声をかければ断られ、それを見ていた別の人からは「持て持て持て!!!」と言われて、結局自分が手伝う……

明らかに重い物を持ってる相手に対し「大丈夫ですか?」と気遣えば、「舐めてんの?手を動かせ!」とイラつかれ、今求められていることを行動に移す……

そうです、気遣う必要なんて無かった。

今まで生きてきて学んだ気遣いがこの世界では通用しなかった!相手がどう思おうと、問答無用で行動に移すことが、この世界の掟。

引っ込み思案にとっては、ある意味ショック療法的な場ですね……堪えます……

現場仕事には色んな業種の方がいて、現場が狭ければ場所の取り合いになることもしばしばあり、そんな時に“ 思い切りの良さ ”が無ければ、思うように仕事が出来ません。丁寧な方もいれば、愚痴愚痴いう人もいる……

(内装の現場では、【内装工】が一番偉い(?)風潮があり、積極的にオラオラ仕事することが求められる。)

簡単に言えば、

自己中のぶつかり合い!!……自分にはこれが好かんかったです。人の想いに敏感であればあるほど動けませんよ。割り切れるのなら問題なし。

・運動音痴

小中学生のころから運動嫌いなのはわかっていたはずなのに、何故この仕事をやったんですかね自分は。まったくもう。

とにかく、どんくさい。

材料運搬中、化粧品(新品の物)にぶつけて塗装剥がすわ、凹ますわ、塗り立てのコンクリ踏むわで、他の業者さんに迷惑かけまくりました。その度に自分への自信がごっそり削られていき辛かったです。

要するに、空間認識能力がショボかった(つまりオールドタイプですが、これも“ 慣れ ”です。慣れます。不慣れなことやってただけなんです。

・トイレへの覚悟

こんなことに文句たれてもしょうがないんですが、、

現場にある仮設トイレは、現場の大きさによりトイレの質も変わってきます。

大きい現場になると掃除当番が決められていて毎日綺麗な状態が保たれるのですが、

賃貸アパート建造のような小さな現場だと、まーーーったく管理されません。

(不動産屋の管轄でしょうが、放ったらかし。現場も職人に投げっぱなし。アパートいっぱい建ててて忙しいんでしょうけど。利益利益利益利益利益

最初はトイレットペーパーがあり、水も流れますが、それらもすぐに枯渇し、便器は次第に黄ばみ、日に日に臭いは増し増しに。アンモニア臭を超えた何かへと変貌します。ひとたび吸えば身体中に痺れが走るような鋭い臭い。これがブルジョアプロレタリアの違いか、、と思い知らされるような悲惨な光景と強烈な臭いがトイレ中に広がっています……

大便はしない覚悟と、したくなったらコンビニに行くしかありません!(コンビニ店員さん、ごめんなさい。)都会でトイレの使えないコンビニの場合はどうしたらいいんだ!と。

こんなのをナイチンゲールさんが目にしてしまったら、何とおっしゃるでしょうか。

「あんた達、トイレが汚いと地獄に落ちるわよッ!!」

これは間違いなく、ナイチンゲール激怒案件。

・分煙も

現場によりけりです。広がってはいるが……

・社員が少ない、規模の小さい会社には注意

もし前職が、

規則正しい会社であればあるほど、会社の規則に戸惑うかも知れません。

出勤時間、休憩時間、終業時間が一定ではなかったり、自分で買った道具を借りパクされたり、給料明細がもらえなかったり。

一般的な会社?で当たり前なことが、当たり前じゃないところに不満を感じる方は、気をつけた方がいいと思います。(社長の視点で物事を考えられれば、分からなくもない。せめて事務員がいる会社なら……)

会社の規則にこだわる人には、べらぼーに向いてないですね。日給という点でも。

・体がもたない

従業員や現場仕事している友達に

「半年もすれば仕事に慣れるよ!」

と言われていましたが、1年経っても毎日クタクタで、何も手がつかないままうたた寝・眠りにつく日が沢山ありました。

仕事一筋ッ!という方には何の問題もありませんが、何か他に時間を割きたい方には厳しいと思います。内装工への特別な想いがある、または、他に選択肢がない……限りは、将来的なことを考えても体を酷使する仕事はオススメ出来ません。※もちろん向き不向きはあります。

まとめ

後半ネガティブな意見ですみません。

入社後に後悔してほしくなくて、この記事を書きました。

あーだこーだ言う前に

何事も挑戦してみなければ分かりません

入社後、せっかく育てた人材が別の業種に行ってしまうのは悲しいことです

(国からのお金目当てで雇って捨てる企業は別ですが。)

腹括ってやるのであれば、事前情報が多いに越したことはありません。

この記事が悩んでいる方の力になれれば幸いです。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

m(_ _)m

ご意見ご質問などあれば、お気軽にコメント、問い合わせなどでお知らせください。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020